T&F エクスリブリス(蔵書票)

T&F エクスリブリス(蔵書票)

15世紀のドイツ、印刷工のグーテンベルクが発明した活版印刷技術は、それまで書き写しか木版印刷による生産しかできなかった本の世界に革命を起こしました。本が個人蔵に!今では想像がつきませんが、大量生産されてもなお、きっと高級品だったに違いない本。その持ち主を明らかにするため、本の表紙や見返しにエクスリブリス(蔵書票あるいは書票。ラテン語で「誰それの蔵書から」の意。)という、持ち主の紋章や肖像画が描かれた小紙片を貼りました。その図案の美しさ、エッチング技巧などの精緻さから、やがてヨーロッパ中に広まり、現在でも収集や交換の対象となっています。
T&Fのエクスリブリスはシールになっています。本に貼るだけでなく、ノートや箱やファイルなどご自由に。これわたしの!と主張したいものへ。一度貼ったらはがれませんのでご注意を。貼ったときになじむよう、薄い紙を使っています。19世紀のコマのイラストレーション。10枚入。

T&F エクスリブリス(蔵書票)

価格: ¥345 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

T&F エクスリブリス(蔵書票)

古い道具か人形のようにも見えるモチーフは、すべて19世紀のコマの図版。昔から実にいろいろなコマがあったのですね。

T&F エクスリブリス(蔵書票)
T&F エクスリブリス(蔵書票)

自分の名前やサインを書いて、本の見返しや扉に貼りましょう。きっと愛着が湧いてきます。箱やクリアファイルなど、本以外のものにもどうぞ。まるで自分だけのラベルのようです。

商品詳細

◯内容/シールタイプの蔵書票10枚入 ◯サイズ/本体:H100×W60mm、パッケージ:H120×W75mm ◯重量/パッケージ含む:10g ◯生産国/日本

ページトップへ